義歯・入れ歯

やむを得ず、抜歯された場合

様々な事情で歯がなくなってしまった場合、部分入れ歯や総入れ歯などを装着することになります。
健康保険適応の場合は使用できる素材に制限がありますが、自費診療の場合はチタンやコバルトクロムなど素材の制限がなくなり、さらにフィット感の良い入れ歯にすることが出来ます。
また、バネのないフレキシブルデンチャーや磁石式など様々な入れ歯をご用意しております。
当歯科医院では患者様のご要望にそって、最適な義歯をお作りします。

保険適応の入れ歯と自費の入れ歯の違い

ノンクラスプデンチャー

入れ歯の金属のバネがないノンクラスプデンチャーは審美製に優れているということが大きなメリットです。

若い年代の方や、前歯など審美的に問題となる部分では、歯に引っ掛ける金属のバネが歯茎と同じプラスチックの素材なので目立たないというメリットがあります。

また保険の部分入れ歯では、装着時の違和感を訴える人は少なくありません。

しかしノンクラスプデンチャーの場合は、適合がよく、薄くて軽いので装着感が良いのが特徴です。

また、金属アレルギーの方のにも安心して使っていただけます。

レジン床と金属床


健康保険適用でお作りする入れ歯はレジンという樹脂でできています。
右の画像は左側がレジン、右側が自費診療扱いの、金属を入れた金属床の入れ歯です。
金属の種類は、「金」「コバルトクロム」「チタン」などがあります。
金属床のメリットは
・金属なので熱伝導が高く、食べ物の冷たい、熱いなどがすぐに感じれる
・薄く作れるので装着時の違和感が軽減される

などです。

写真のように横から見るとレジン床と金属床の入れ歯では、厚さに違いがあるのがはっきりとわかると思います。
この差が、装着時の違和感の有無や噛み心地にも大きく影響します。

ブレードティース


噛みやすさを追求した結果、上下の義歯にチタン素材を付けることで、より少ない力で噛むことができ、噛みにくかった食べ物も楽に噛み砕くことができるようにした入れ歯です。

丸の内 清藤歯科医院、診療時間のご案内

月曜日~金曜日  9:30~13:00 / 14:00~18:30 休診日  土曜・日曜・祝日

丸の内 清藤歯科医院へのアクセス

東京メトロ 丸の内線 東京駅直結 東京メトロ 千代田線 二重橋前駅 都営地下鉄 三田線  大手町駅 JR 東京駅 徒歩1分 お車でもご来院いただけます。 丸の内エリアに19ヶ所(4000台駐車可)

丸の内の 清藤歯科医院へのマップ

〒100-6510 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F TEL:03-3271-5811

東京駅,丸の内,歯科,清藤歯科医院マップ